最新情報・レポート

線路沿いの家を売ることは可能なのか?買い取り業者の選び方について

線路沿いの家を売ることは可能なのか?買い取り業者の選び方について

 

家の売却をお考えの方は、「できるだけ高く売りたい!」と思うものです。

しかし、線路沿いの家といった比較的条件の良くない家を売りたいとお考えの方は、買い取ってくれる人が見つかるかどうか不安に思うこともあるでしょう。

 

線路沿いの家は、電車の騒音がうるさいことから一見需要の少ない物件だと思われがちですが、隠れたメリットがたくさんあることをご存知でしたか?

 

当コラムでは、そんな線路沿いの家についてのメリットやデメリットをまとめてご紹介します。

また、線路沿いの家を高く売るための対策や、適切な業者の選び方についてもお伝えします。

 

この記事を読めば、線路沿いの家の良さが改めてご理解いただけるかもしれません。

 

 

線路沿いの家は売れにくいの?

線路沿いの家は売れにくいので、比較的安価で売り出されることの多い物件です。しかし、場所によっては高く売れることもあるので、立地についてもしっかり把握しておく必要があります。

まずは、線路沿いの家が一般的に売れにくいとされる主な原因についてご紹介していきます。

 

売れにくいとされる主な原因は、騒音によるもの

線路沿いの家は、その言葉通り線路のそばに家があるため電車の通る音や踏切の音がよく聞こえます。

それが大きな音であればあるほど生活に支障が出てくるため、売れにくくなるというわけです。

 

また、購入したときはそれほど気にならなくても、生活するようになると空気振動と呼ばれる線路沿いの家特有のかすかな揺れを感じるようになり、落ち着かないといったケースもあります。

 

電車は、本数にもよりますが基本的に朝から晩まで休みなく走っているものなので、音があまりにうるさいと生活する上で大きなストレスになります。

 

体調不良の原因になることも

音の感じ方には個人差があるので、騒音によって生活しづらいと感じたり、体調を崩したりしている場合はすぐに引っ越しを考えたほうがよさそうです。

 

線路沿いの家に住んでいる方の中には、住み始めはうるさくて困っていたものの、だんだん騒音に慣れてきたという方もいます。

 

しかし、ご自身が騒音を気にしなくなったとしても、来客があったりした場合、相手に騒音が気になると思われてしまうことがあるかもしれません。

 

騒音をどう感じるかは人それぞれ異なりますが、騒音を苦手とする方におすすめすることは難しいでしょう。

 

線路沿いの家でもメリットはある

線路沿いの家でもメリットはある

 

騒音が大きなマイナスポイントとなる線路沿いの家ですが、視点を変えれば好条件な部分もたくさんあります。

この章では、線路沿いの家に住みたいと考えている方はどのような人なのか、またどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 

線路沿いの家に住みたいのはこんな人

・駅に近い立地を希望している

線路沿いの家は駅に近いことが多く、駅から近い場所なら線路沿いの家でも売れやすいと言われています。

仕事で帰りが遅くなっても駅から家までが近く、ある程度人通りもあるので帰宅しやすいのが理由のひとつです。

 

また、仕事でほとんど家を空けている単身者の方は騒音があっても気にしないことが多いので、あえて駅から近い線路沿いの家に住むという方もいます。

 

他にも、線路沿いの家は周辺に光を遮る建物がないため、明るく日当たりがよいというメリットも。

反対に建物が密集しているような土地であれば、窓からの採光が確保しにくくなります。

 

・安い物件に住みたい

線路沿いの家は、そうでない家に比べて安く購入できる場合がほとんどです。そのため、価格重視で線路沿いの家を選ぶという方もいます。

 

騒音がうるさいと、小さなお子様やペットがいるご家庭には適さない環境かもしれませんが、そうでない場合は価格を抑えるためのよい条件と捉えられることもあるようです。

 

線路沿いの家はメリットもたくさんある

前述したような線路沿いの家に住みたい人は、以下のようなメリットを重視しています。

 

・駅に近い

・日当たりがよい

・駅の明かりがあり、人通りもあるため女性も安心して夜道を歩ける

・人通りの少ない住宅街を歩かなくて済む

・比較的安価である

 

十分な防音対策をとっておこう

線路沿いの家に住んだ場合でも、ご自身でできる防音対策というのがあります。

こういった対策をとったら音が気にならなくなった!という声もありますが、ほとんどの方は対策についての知識を持たないまま線路沿いの家を敬遠してしまいます。

簡単に取り入れられる方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・壁に遮音シートや防音パネルを使用する

大きな工事をしなくても取り付けができるので、すぐに対策したい方におすすめの方法です。

ホームセンターなどで手軽に購入することができます。

 

・防音カーテンを使用する

たったのカーテン1枚で本当に効果があるの?と思われるかもしれませんが、多少改善することはできます。大きな窓がある場合は、さらに効果が期待できるでしょう。

 

・家具の配置を工夫する

線路側の壁際に、大きくて背の高い家具を設置すると防音効果があります。

最近はインテリアの多様化で壁一面を埋め尽くすような大きな棚を置いたりすることもあるので、いろいろと工夫して取り入れることができるでしょう。

 

・工事を依頼する

完全に騒音をシャットアウトしたい場合は、不動産会社やリフォーム会社に工事依頼をしてみましょう。窓を二重構造にしたり、線路側の壁だけに防音材を入れるといった工事です。

他にも、相談をもちかけてみればいろいろな方法が見つかるかもしれません。

 

線路沿いの家を高く売るための業者の選び方

線路沿いの家を高く売るための業者の選び方

 

せっかく家を売るのですから、なんとかして高く売りたいですよね。

線路沿いの家を高く売るためには、業者選びが最も重要なポイントとなります。

業者選びにも手順があり、また業者の種類もいろいろなので、この章で詳しく解説していきます。

 

不動産会社の査定を依頼する

不動産売買や不動産仲介を行う会社を複数選び、査定を依頼します。

このとき注意したいのが、売買や仲介を行う会社が信用できるかどうかということ。

基本的に、こういった業者は「宅地建物取引業」の免許を保持していなくてはなりませんが、まれに無免許で運営している会社もあるので、よく調べるようにしましょう。

 

信用できそうな会社を複数選んだら、家の査定を依頼しましょう。

 

見積りを比較し、相場を把握する

査定を依頼したら、それぞれの会社から査定額が記載された見積りが提示されます。

これらの価格をじっくりと比較することで、家の相場観がつかめるようになってきます。極端に価格が高かったり安かったりする場合は、その理由がしっかり記載されているかもチェックして、納得がいかなければ怪しいと思ったほうがよさそうです。

見積りの詳細内容が透明化されているかどうかも、大切なポイントとなります。

 

また、業者の実績などをホームページでチェックしたり、口コミサイトを見たりして情報収集するのも欠かせません。

 

大きな金額を取り扱うことになるので、ここは慎重に取り組んでいきましょう。

 

転売業者や不動産投資家に依頼する

転売業者や不動産投資家といった、個人で不動産業を行っている方に依頼するのもひとつの方法です。

彼らの場合は、線路沿いの家であっても提携先のリフォーム業者と連携することで安く防音工事ができ、またそのおかげで高値で売り出すことも可能です。

 

不動産投資家や電場異業者といったその道の対処に自信のある方に依頼することで、不動産会社を介するよりも高く売ることができるかもしれません。

 

まとめ

線路沿いの家に住むメリットや、高く売るための対策、適切な業者の選び方についてご紹介してきました。

一見、騒音がうるさいことで敬遠されがちな線路沿いの家ですが、その人の考え方や感じ方、また生き方によって「住みたい!」と思う方は必ずどこかにいるものです。

そういった方に出会うためにも、より多くの見積りをとって信用できる業者を選ぶことが重要です。

ぜひ前向きに業者選びを検討してみてください!

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料オンライン査定はこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7675

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

簡単一括査定 今すぐスタート!

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

不動産売却査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大6社からお見積りが届く 無料オンライン査定はこちら

60秒で完了 クイック査定