最新情報・レポート

日当たりの悪い家を高く売りたい!そのコツとは?業者選びにも注目

日当たりの悪い家を高く売りたい!そのコツとは?業者選びにも注目

 

「所有している物件を売りに出しているけれど、なかなか売れなくて…」「もっと値下げするべきだろうか…」

 

不動産を所有していると固定資産税はかかるし、早く売却して物件を手放したい。そんな悩みを抱えてお困りのオーナー様は多いでしょう。

 

もしかしたら所有されている物件がなかなか売れないのは、日当たりが悪いことが原因ではないでしょうか?一般的には日当たりが悪いと、不動産の価値は下がる傾向にあります。

 

日当たりの悪い家は、必ずしも価値が低いわけではありません。実は、日当たりが悪くても物件が高く売れるコツがあるのです。コツさえつかめば、あなたの日当たりの悪い家を売却につなげることは十分可能です。

 

今回のコラムでは、日当たりの悪い家でも売れるコツをご紹介していきます。日当たりの悪い家の売却をお考えの方は、ぜひご参考になさってみてください。

 

 

日当たりの悪い家とは?

日当たりの悪い家とは、どのような家をいうのでしょうか。

 

日当たりの悪い家とは、どうやって判断する?

日当たりの悪い家とは、物件の方角が北向きだったり、前に建物があったりする物件のことで、日中に日光が当たりにくい家のことをいいます。

 

日当たりが悪い家かどうかは、太陽の高さが低いといわれている冬に判断します。冷える冬にこそ日光が必要になりますので、冬の日当たりは重要です。12月下旬に、物件の日中の日当たりを確認すると、日当たりが良いのか悪いのか判断できます。

 

日当たりの悪い家はいいイメージがない…

日当たりが悪い家が売却しづらいのは、よいイメージがないからでしょう。人間の体は、紫外線を適度に浴びることで、ビタミンDを生成しています。また太陽光に当たることで、幸せホルモンのセロトニンが活性化する、ともいわれています。このように太陽光に当たることで、健康に過ごせるというのは科学的にも根拠のあることです。

 

しかし日当たりが悪くては、このような健康は妨げられてしまいます。

 

また日当たりの悪い家は、冬は寒く暖房代がかさむため、お部屋の中で過ごしづらくなってしまいます。当然のことながら、人間が過ごしにくい家は、資産価値は落ちてしまう傾向にあります。

 

日当たりの悪い家でも実はメリットもある?

日当たりの悪い家でも実はメリットもある?

 

日当たりの悪い家は、デメリットばかりではありません。日当たりが悪いということは、日陰があるということ。そこには日陰の家ならではのメリットがあるのです。

 

夏場は涼しい!

日当たりの悪い家のメリットは、夏に日が当たり過ぎず涼しく過ごせるということです。

 

周りがアスファルトだらけの街中では特に、地面から水蒸気が出て行かず熱気がこもる、いわゆるヒートアイランド現象が起こってしまいます。

そんな中では、夏場に日当たりが悪いことは、かえって涼しく過ごせるというメリットになります。

 

特にヒートアイランドになりがちな街中にある物件では、日当たりの悪さが夏場は逆にメリットになることが多いのです。

 

日中働いている人にとっては快適な物件!

昼間に外で働いている人は、日中お部屋にいることが非常に少ないです。そして夜はカーテンをして電気を灯すのですから、日差しは関係ありません。

 

このように考えると、日当たりが悪かろうが、日中外で働いている多くの人にとって、たいして重要ではないのです。

 

夏場などは特に、外から帰ってきたときに熱気がこもり、日当たりが良いお部屋ではかえってお部屋を冷やすまでの冷房代がかさんでしまいます。日当たりが悪い日陰の家の方が、涼しい室内に入れて快適に過ごせるでしょう。

 

日当たりの悪い家を高く売るコツってある?

日当たりが悪くても、工夫次第で高く売るコツがあります。ご自分でも簡単にできる方法なので、ぜひお試しください。

 

日当たりの悪い家を売却するコツをご紹介!

日当たりの悪い家を売るポイントは、部屋を明るく見せることです。照明をお部屋に取り入れることで、かなり室内の暗さが改善されます。

 

フロアライトを1つ置くだけでも、お部屋の印象がガラリと変わります。また、小さい照明をインテリアとしてお部屋の片隅に置くと、おしゃれな演出になります。

 

ライトを置くだけで、内見をする見学者が増えたという声もあります。内覧者の、日当たりについての不満は、これでぐっと解消することでしょう。

 

室内用ライトは手軽に手に入ります。ホームセンターに出向けば安価なものが手に入るでしょう。数個買っても数千円で済むことが多く、明るいお部屋を演出して高価売却に結びつけば、投資としては安いものです。

 

内覧者がお部屋に入るときだけ電気をつければいいので、電気代の心配もほとんどありません。ご自分で手軽にできるので、ぜひお試しになってはいかがでしょうか。

 

また、例え安い値段がついてしまっても、安さを武器に売りに出すことができます。物件を探している人の中には、多少日当たりが悪くても良いから安い家を買いたい、という人も一定数います。そのような人を対象に売り出せば、早期売却につなげることができます。

 

高く売れるコツを試したら、不動産会社に高くで買い取ってもらおう!

高く売れるコツを試したら、不動産会社に高くで買い取ってもらおう!

 

日当たりが悪い家だからといって、価格を下げて早く売ろうとする会社もありますが、日当たりが悪いところをメリットに変えて、高価売却につなげてくれる会社もあるのです。

 

不動産会社を探すときに、後者のような会社に依頼するのが良いのは明らかです。

 

そのためには、まず初めにご自分で売ろうとしている物件に似た物件の最高価格を把握しておくことが重要です。ご自分の所有する物件の相場が分からなければ、担当者の言いなりになって安値をつけてしまうこともあるからです。

 

高く買い取ってくれる業者選びのコツ

最後に、不動産会社を選ぶときに知っていると役立つポイントをお伝えします。

 

まずは、不動産売買の物件の媒介業務を取り扱う会社を、複数選びます。選ぶポイントは、宅地建物取引業の免許を持っているかどうかと、免許業者の行政処分情報を確認することです。

 

不動産の売買仲介には、宅地建物取引業の免許が必要なので、無免許の業者を選ばないようにしましょう。国土交通省が運営している「ネガティブ情報等検索システム」では、国が行政処分を行った業者を最近5年分載せています。このシステムを利用することにより、信用できる会社を選ぶことができるでしょう。

 

信用できそうな複数の会社を選んだら、査定を依頼しましょう。あまり高すぎたり安すぎたりする会社は、注意が必要です。本来の相場を担当者がしっかり把握していないかもしれません。そしてなぜその査定額になったのか、担当者に聞いてしっかりと説明できる会社に依頼しましょう。

 

以上のポイントを知った上で不動産会社をしぼると、効率的に優良業者を探すことができます。

 

まとめ

今回は、日当たりが悪い家の売却の方法についてお伝えしました。日当たりが悪い家だからといって諦めずに、良いところを探したりデメリットをメリットに変えたりという試みが大切です。ライトを使って部屋を明るく演出することは手軽にできる方法ですので、ぜひお試しになってはいかがでしょうか。

 

また、より良い不動産会社の担当者を見つけることも、売却に際しての大事なポイントです。不動産を売却しようというときは、不動産会社に依頼することがほとんどですので、高く売ってくれる会社を地道に探すことで、良い買い手を見つけることができるのです。

 

記事をご覧になった皆さんが良い不動産会社に出会い、物件を高値で売却されるように願っています。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料オンライン査定はこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7675

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

簡単一括査定 今すぐスタート!

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

不動産売却査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大6社からお見積りが届く 無料オンライン査定はこちら

60秒で完了 クイック査定