最新情報・レポート

弱気すぎてもダメです

不動産売却を依頼する時、自分の持っている不動産にどんな価値がつくのか心配ですよね?足元を見られるという言葉もあるので、余り不安を口に出したり下手に出ることは、悪徳不動産業者に物件を買い叩かれる切っ掛けを作ってしまうかもしれません。例えば、直ぐにでも物件を売らなければ行けないやむを得ない事情があるということを相談したとしましょう。普通の不動産業者なら問題はありませんが、悪徳業者はそういった弱みに漬け込んで安い値段を提示して「これなら今直ぐにでも」と言うのです。不動産業者との交渉は、弱気にならず、平常心を持ち、冷静に判断しましょう。そうすれば悪徳業者であることを見抜いて、信頼できる業者を見つける事ができると思います。

査定をするにあたり

お住まいの家を査定するにあたり、マイナス要因はしっかりと不動産業者に報告することが大事です。 不動産業者は査定調査をしますが、過去に起きた生活上の問題などは、売主がキチンと報告しなければ分かりません。 もしこの報告を怠ってしまうと、「売主の不告知」として契約上のトラブルが起きてしまう恐れがあります。 「査定価格が下がるから話しにくい・・・」とお考えになるお気持ちは分かりますが、 トラブルを避けるためにも、しっかりと報告することが大切です。 これから不動産業者にお住まいの家を査定してほしいとご検討されている方は、 上記のことをよくご記憶された方がよいと思います。

不動産の売却は計画的に

不動産を売却するという機会は、そう簡単に訪れる訳ではありませんので、人生の中の重大ポイントの1つと考えていいでしょう。なので、失敗は許されません。もし、不動産売却をする場合、行き当たりばったりで行ってしまうと、高く売れるのか、安く売れるのか、全く検討がつきませんよね。そのような状態では、失敗してしまう可能性が出てきます。失敗せずに不動産売却を行なうには、きちんとした計画を立てる必要があります。どの時期に売却するのか?売却までにどれくらいの期間を持つことが出来るのか?等、考えなければいけないことが沢山あります。そのような事を考えると、不動産売却はある程度余裕を持って行わなければいけないということがわかります。なので、不動産売却はある程度余裕を持って行なうようにしましょう。 不動産売却を行なう時に、最も重要になるのがどれくらいの値段で売れるのか?という事です。これは、不動産の査定を依頼する事で、自分も持っている不動産がどれくらいの価値があるのか?ということがわかります。不動産の価値を知ることは、売却の計画を立てる為の第1歩と言っても過言ではありません。 不動産査定をしてくれる会社をお探しの時には、当サイト「不動産売却査定君」をご利用下さい。

不動産売却にあたっての注意点

不動産売却をするにあたり、いくつか注意点があります。
「家の相場」
今まで住んでいた家から新しい家へ引っ越しすることはよくありますが、 その際、住んでいた家はいくらぐらいで売れるのか気になると思います。 ネットでは、お住まいの地域にある家の価格を一般公開しているサイトがあります。 そのサイトから、ご希望のエリアと物件を選択すれば、 お住まいの地域にある家の売買価格を知ることができます。 価格だけでなく、建物面積や土地面積、築年月、間取りが掲載されていますので、 ご自分の家に近い条件がどれか調べられると思います。
「複数の業者に査定をしてもらう」
不動産売却を専門とした業者はたくさんありますので、 当然、業者ごとによって売買価格は変わってきます。 ご自分が選んだ業者が良かったと思っても、 後から業者ごとで売買価格が変わることを知って、 悔しい思いをされるケースもあるでしょう。 複数の業者に査定してそれぞれの査定結果を比較すれば、 どれがご自分にピッタリな業者なのか、すぐに見分けることができると思います。 不況な世の中ですので、少しでも高価な価格で売買できる方がいいですよね。

高すぎる査定には注意しましょう

周辺地域の都市開発などが進んで、「土地の評価が上がる」というケースはもちろんありますが、一般には購入した時より年々評価は下がっていくものなので、売却しても購入時以上で売れることはあまりありません。従って売却するならプラスにならなくても出来るだけ高値で売りたい、というのが私たちの本音です。ところで不動産会社数社に見積りを依頼して、そのうちの1社がもし非常に高額の評価額を提示してきたらどうしますか?「これだけ値がつくなら」と、ついその会社に頼んでしまいそうになってしまいますね。しかし1社だけ飛び抜けて高いというのは異常だと思ってください。もちろん不動産会社によって評価額の差はありますが、正しい材料によって査定されていれば、本来はそれほど大きな差は出るものではないのです。経験が浅い担当者ですと「売れること」より「依頼される」ことが優先されて、こういうことが起こるようです。勘違いが多いのは、評価額=その値で売れるわけではありません。逆に評価額が高すぎるものは、いつまでも売れ残ったり、或いは他の安価物件を売り易くするための材料にされたりしかねません。不動産の価値を正しく査定するのであれば、本サイトからご相談ください。

不動産売却は半年前から

中には売却を前提に、資産として不動産を購入する人も少なからずいるでしょうが、大半の人は、一生涯で最大の買い物としてマイホームを手に入れるのではないでしょうか。そんな一生もののマイホームも、事情によっては手放さなくてはならないケースも時にはあります。ところで不動産を売却しようとする時は、「購入時よりも手間がかかる」ということを予め認識しておくことが大事です。というのも、購入時は自身の意志で決定することが出来ますが、売却の時には、不動産会社を決めてまずいくらで売却できるか査定をしてもらうことからスタートし、売値額決定後売り出しを開始、そして買い手が見つかって初めて契約締結、そして引き渡しと手間も時間もかかるからです。特に買い手が見つからないことには売却が出来ません。売却をしたいのであれば、少なくとも半年前くらいから行動し始めることが理想です。またどこの不動産会社に依頼するかということも非常に大切なポイントです。不動産会社によって自社が持つ販売ルートや宣伝ノウハウが違うので、買い手の目に留まる力量がどれだけあるかによっても、買い手が決まるまでの時間が大幅に変わってきます。自分に合った不動産会社は本サイトからお探し頂けます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料オンライン査定はこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7675

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

簡単一括査定 今すぐスタート!

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 地域(都道府県)を選択

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

不動産売却査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大6社からお見積りが届く 無料オンライン査定はこちら

60秒で完了 クイック査定